アクセシビリティ・ポリシー

2012年8月11日

野村アセットマネジメントは、野村グループの一員として、野村グループのWebアクセシビリティ・ポリシーに準拠したサイト運営を行っております。

野村グループは、"顧客第一の精神"や"先取りの精神"などの『創業の精神』を標榜しております。Webサイトにおいても、この考え方にもとづき、お客さまの利益を第一に考え、常に一歩先を行く情報およびサービスのご提供を目指しております。

野村グループのWebサイトでは、ご提供する情報やサービスをより多くのお客さまにご利用いただけるように、以下に挙げるポリシーを基本方針として、今後アクセシビリティ(注1)の確保および向上に最大限の努力をしてまいります。

(注1)アクセシビリティ:高齢者、障がいのある人、および一時的に障がいのある人などを含めて、全てのユーザーが同じように利用できるようにしていこうという考え方。

1. より多くのお客さまにご利用いただける情報およびサービスのご提供

近年、インターネットの普及に伴い、世界各国ではWebアクセシビリティに関する規格化や法制化が進められており、日本国内でも2004年6月にJIS(日本工業規格)化されました。

野村グループでは、Webサイトを高齢者や障がいのある人、および一時的な障がいのある人を含むより多くのお客さまに快適にご利用いただけるよう努めてまいります。

2. お客さまのさまざまなご利用特性への配慮

例えば、年齢や障がい、あるいはご利用環境などによっては、画面が見えない/見えにくい、音声が聞こえない/聞こえにくい、マウスやキーボードで操作・入力しづらい、コンテンツを理解・学習しづらい、といったことがあります。
お客さまのさまざまな利用特性を理解して、可能な限り全てのお客さまが同じようにご利用いただけるよう配慮してまいります。

3. お客さまの多様なご利用環境への対応

お客さまがWebサイトを利用する環境は、インターネットへの接続回線、各種情報通信機器、ブラウザの種類およびバージョン、そして、支援技術(Webコンテンツの点字変換や画面拡大、マウスやキーボードの代替手段など)などにより多様化しています。
どのようなご利用環境においても、お客さまが支障なくご利用いただけるように配慮してまいります。

4. 独自のWebアクセシビリティ・ガイドライン策定

野村グループのWebサイトでは、以下の公的なガイドラインをベースにした独自のガイドラインを設けて、アクセシビリティの確保および向上に取り組んでおります。

  • JIS X 8341-3
    (2004年6月20日に日本で制定されたJISの高齢者・障がい者等配慮設計指針です。)
  • W3C/WAI WCAG 1.0 および 2.0
    (Web技術の標準化団体であるW3Cが制定したガイドライン。バージョン1.0は1999年5月、バージョン2.0は2008年12月に制定されました。今後、WCAG2.0 で新たに追加された達成基準にも対応していく予定です。)
  • リハビリテーション法508条
    (2001年6月21日に米国で連邦政府機関を対象に施行された法律です。)