事業内容

野村アセットマネジメントは、野村ホールディングス株式会社を持株会社とする野村グループの資産運用会社です。
1997年10月、野村證券投資信託委託株式会社(1959年設立)と野村投資顧問株式会社(1981年設立)が合併し、日本を代表する資産運用会社として優れた実績を築いてきました。 また、早くから運用と顧客基盤のグローバル化に取り組み、アメリカ、ヨーロッパ、アジア等、海外への積極的な展開を図っています。

投資顧問業務

  • 日本国内をはじめ、アメリカ・カナダ、アジア、ヨーロッパなど世界の国々のお客様から、投資顧問業界のリーディング・カンパニーとして高い評価を受けています。
  • 内外の公的・私的年金や政府・中央銀行等の公的資金、銀行や保険会社等の機関投資家、事業会社等のさまざまなお客様を対象に、質の高い運用サービスを提供しています。
  • 年金ビジネスでは国内に先行して欧米の大手年金から資産運用を受託するなど、長年の経験と優れた実績で高い評価を得ています。わが国の年金資産運用に関しては、常に受託者責任を基本に、着実に実績を積み重ねています。

取扱商品のご紹介へ

海外業務

  • 国内の資産運用会社の中では、最も早くから海外展開に取り組んできました。ニューヨーク、ロンドン、ドイツ、シンガポール、香港、シドニー、マレーシア、台湾などに現地法人を置き、200名を超えるスタッフを擁して海外市場の調査・運用から海外のお客様に向けたクライアント・サービスまで幅広く資産運用サービスを提供しています。
  • 投資顧問ビジネスにおいては、外国政府・政府機関をはじめ、欧米有数の公的年金・企業年金などに資産運用サービスを提供しています。投資信託ビジネスにおいては、現地の販売金融機関を通じて広く海外のお客様に商品を提供しています。
  • 年金を中心とした機関投資家や投資信託の海外運用ニーズに十分お応えする調査・運用体制を海外拠点でも整えています。

投資信託業務

  • 設立以来、常にリーディング・カンパニーとしての役割を果たしてきました。
    国内、海外の株式・債券等に投資する充実した商品構成で、投資信託の拡大に努めています。
  • 野村證券をはじめとする100社以上の証券会社、および、ネット取引をベースに新しく誕生した証券会社とも販売契約を結んでいます。
  • 都市銀行、信託銀行、保険会社、系統金融機関や地域金融機関等、多くの金融機関の窓口を通じて投資信託の拡大に取り組んでいます。
  • インターネットを通してファンド情報の提供などを行っています。