マクロ経済:貿易統計

ブラジルの貿易についての情報をご紹介します。

印刷する

             作成:2015年4月


鉱物資源や農産物だけではない多様な貿易構造

貿易収支

【図1】

ブラジルは、砂糖・コーヒー・オレンジジュース・鶏肉といった農産物、鉄鉱石・ボーキサイトといった鉱物資源において、世界有数の輸出国である。全輸出に占める一次産品の割合は高いものの、多様な産品を輸出していることから、個々の一次産品の価格変動リスクに対する脆弱性はそれほど大きくないとされる。

また、政府主導で工業化を進めてきた結果、ハイテク産業が発展した工業国として成長しており、自動車・航空機・自動車部品など様々な工業品を輸出している。

ここ数年は内需拡大に伴なって輸入が伸び、貿易黒字が縮小していた。2014年は鉄鉱石をはじめとする資源価格の下落などにより貿易赤字に転じた。

【図1】貿易収支 期間:1980年〜2014年
次のテーマ:マクロ経済:国際収支・対外債務

外貨準備の増加と対外債務問題の緩和