NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 《愛称》日経レバレッジ指数ETF

日本経済新聞掲載名:-
決算日:5月20日

この商品のシリーズ一覧を見る
新しいウインドウで開く
  • 交付目論見書(546KB)
  • 請求目論見書(1,081KB)
  • 月次レポート

    (2017年8月4日更新)(266KB)

販売会社

各ファンドの申込・換金手続き等で皆さま投資家の窓口となる金融機関の一覧です。

証券会社

エービーエヌ・アムロ・クリアリング証券 SMBC日興証券 ゴールドマン・サックス証券
シティグループ証券 JPモルガン証券 ソシエテ・ジェネラル証券
ドイツ証券
メリルリンチ日本証券 モルガン・スタンレーMUFG証券

銀行など

野村信託銀行


・日経平均レバレッジ・インデックスに内在する性質に関する注意点
 日経平均レバレッジ・インデックスは、常に、前営業日に対する当営業日の当インデックスの騰落率が、同期間の日経平均株価の騰落率の2倍となるよう計算されます。しかしながら、2営業日以上離れた期間における日経平均レバレッジ・インデックスの騰落率は、一般に日経平均株価の2倍とはならず、計算上、差(ずれ)が不可避に生じます。
 2営業日以上離れた期間における日経平均レバレッジ・インデックスの騰落率と日経平均株価の騰落率の2倍との差(ずれ)は、当該期間中の日経平均株価の値動きによって変化し、プラスの方向にもマイナスの方向にもどちらにも生じる可能性がありますが、一般に、日経平均株価の値動きが上昇・下降を繰り返した場合に、マイナスの方向に差(ずれ)が生じる可能性が高くなります。また、一般に、期間が長くなれば長くなるほど、その差(ずれ)が大きくなる傾向があります。
 したがって、NEXT FUNDS日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(日経レバレッジ指数ETF)は、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いている金融商品です。

・指数の動きと実際のファンドの値動きの乖離に関する注意点
 実際のファンドの基準価額は、信託報酬等のコスト負担や追加設定・一部解約の影響、日経平均の値動きと日経平均先物の値動きの差異の影響などにより、運用目標が完全に達成できるとは限りません。
 また、ファンドの市場価格は、取引所における競争売買を通じ、需給を反映して決まります。したがって、市場価格は基準価額とは必ずしも一致するものではありません。

日本取引所グループのレバレッジ型指標の説明ページ


NEXT FUNDS商品紹介動画 商品紹介動画ページはこちら


NEXT FUNDS 野村アセットマネジメントが運用するETF NEXT FUNDS専用サイトはこちら



PDFファイルの閲覧について 本サイトはPDFファイルの閲覧が可能であることを前提としています。PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
下のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロードして下さい。