責任投資等各種情報

責任投資への取組み

当社は、お客様から委託された資金を運用し、お客様の利益向上を目指す運用会社として、フィデューシャリー・デューティー(注1)を果たすため、以下の取組みを行っています。

  • お客様にとって最良のパフォーマンスを提供することを常に最優先の目的として、お客様からお預かりした資産の中長期的な成長を目指します。
  • スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コード(注2)の下、投資先企業との建設的な目的を持った対話(エンゲージメント)、議決権行使、ESG(注3)を含む中長期的な持続可能性(サステナビリティ)の考慮などを通じてスチュワードシップ責任を果たし、投資の好循環を実現してゆきます。投資の好循環により、「企業の稼ぐ力」と「国民の資産形成」の拡大及び健全で持続可能な社会の実現に取り組んでゆきます。
  • お客様と社会から深く信頼される運用会社として、資産運用ビジネスを通じて社会の発展に貢献してゆきます。

なお、当社の運用戦略にはアクティブ運用(注4)とパッシブ運用(注5)がありますが、サステナビリティを考慮した投資の好循環の実現のためには、両者の間に相違はないと考えています。

責任投資への取組みの図

(出所)金融庁及び経済産業省資料等を参考に野村アセットマネジメント作成

  1. (注1)「フィデューシャリー・デューティー」(Fiduciary Duty)とは、「顧客本位の業務運営」を行う義務を意味します。
  2. (注2)「コーポレートガバナンス・コード」とは、株式会社東京証券取引所が有価証券上場規程の別添として2015年6月1日付で定めたもので、実効的なコーポレートガバナンスの実現に資する主要な原則が取りまとめられています。
  3. (注3)「ESG」とはEnvironment(環境)、Social(社会)及び(Corporate)Governance(企業統治)の総称です。当社は、ESGを含む中長期的な持続可能性を、企業が取り組むべき事項として重要視しています。
  4. (注4)「アクティブ運用」とは、ベンチマークとなる市場インデックス(日経平均株価やTOPIXなど)を上回る運用成績をあげることを目標とする運用方法です。
  5. (注5)「パッシブ運用」とは、ベンチマークに連動する運用成績を目標とする運用手法です。

詳しくはこちら

野村アセットマネジメントのビジネスをささえる関係会社・提携会社の情報発信

イメージ画像
野村グループ、及び当社の関係会社・提携会社からお客様に有益となる情報を蓄積し、適宣発信させて頂いています。具体的には、野村資本市場研究所、野村證券金融経済研究所、野村證券フィデュシャリーサービス研究センター、野村総合研究所、NFRT、NFRTA等から各種情報を入手しています。