日本株式運用プロセス

日本株式運用のプロセス

  • 経験豊富な日本株アクティブ・コアのポートフォリオマネージャーが、強固な運用プラットフォームを背景に、投資判断を行います。
  • 投資判断については、各委員会委員長ならびにチームリーダーに権限を委譲。スピーディーで責任ある投資判断を可能にしています。
  • 日本有数の体制を持つ(企業)アナリストとクオンツ部隊が、ポートフォリオマネージャーの投資判断を支援します。

日本株式運用のプロセス イメージ図

※日本株アクティブ・グロース、日本株スモールキャップは、それぞれに固有の運用プロセスを有しています。

  1. 1 投資環境判断

    投資環境判断会議において、マクロ経済環境分析ならびに各資産の市場予測(中期)を行います。

  2. 2 業種配分

    日本株戦略委員会において、個別銘柄の魅力度や株式市場分析に立脚し、業種戦略を立案します。
    なお、業種戦略は野村アセットマネジメント独自の業種分類(NAM10セクター)に基づきます。

  3. 3 銘柄選択

    日本株銘柄選定委員会において、以下のステップに沿って、銘柄評価を行います。

    STEP1 定量レーティングの付与
    PER等、複数の計量的な指標により、個別銘柄の投資魅力度を評価します。

    STEP2 ファンダメンタルズ分析
    社内アナリストの企業調査・分析結果、セルサイドアナリストや海外拠点からの情報を収集し、企業のファンダメンタルズに関する評価や投資判断上の視点の整理を行います。

    STEP3 最終レーティングの付与
    機械レーティングとファンダメンタルズ分析を統合し、委員長が最終レーティングを付与します。

  4. 4 ポートフォリオの構築

    日本株アクティブ・コアの各運用チーム(国内年金、海外年金)が、日本株戦略委員会や日本株銘柄選定委員会の投資判断に基づき、ポートフォリオを構築します。