お知らせ

「野村サステナビリティクオータリー」2020年秋号(12月発行)にて、ジェイソン・モーティマー 債券サステナブル・インベストメント・ヘッドと長生太郎 シニア・インベストメント・オフィサーの寄稿が掲載されました。

野村資本市場研究所が発行する「野村サステナビリティクオータリー」2020年秋号(12月発行)に、ジェイソン・モーティマー 債券サステナブル・インベストメント・ヘッドと長生太郎 シニア・インベストメント・オフィサーの寄稿「債券運用におけるESG定量評価モデルとパフォーマンスの検証」が掲載されました。

野村アセットマネジメントでは、信用力のダウンサイドリスクの軽減を目的として、独自に債券ESG定量評価モデルを開発しました。長期のバックテストにより、米国および欧州の社債市場において、ESG定量評価とリスク調整後リターンの間に正の関係が確認されました。本稿では、債券運用において体系的なESG統合アプローチを開発する動機と手法について述べ、ESG評価とパフォーマンスの関係について、独自の定量的分析を提示しています。

特別寄稿「債券運用におけるESG定量評価モデルとパフォーマンスの検証」

野村アセットマネジメント ジェイソン・モーティマー、長生 太郎

野村サステナビリティクォータリー」は、日本や海外のサステナブルファイナンス市場、ESG/SDGs関連の話題、出来事について解説し、論点を整理した季刊誌です。論文のほか、サステナブルファイナンス市場の統計を掲載しています。
(※上記リンクは、野村資本市場研究所のサイトへ移動します。)

  • 当ページの掲載内容は、野村資本市場研究所(以下、発行者)より発信された情報の提供を目的として、野村アセットマネジメントが掲載したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。
  • 当資料は信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当資料中の記載事項は、すべて当資料作成以前のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。また、将来の傾向、数値等を示唆するものではありません。
  • 当ページの掲載内容は、発行者の許可を得て掲載しています。このページの一部または全部を、発行者の許可なく複製することはできません。