投資信託の基礎知識

投資マインドを育てるコラム “感情のワナ”にはまらない、賢い投資家へのステップ

保有している資産が下がった時、何を選べるか?
  • コラムトップへ

投資についての難しさというものは、結局のところ「資産価格が上がったり下がったりした時に、果たして自分は正しい判断ができるのだろうか?」という問題に尽きるのではないでしょうか。

例えば保有する資産の価格が下がった時、行動としては、(A)そのまま保有し続ける、(B)同じ資産を買い増して平均購入単価を下げる、(C)売ってしまい損失を確定する、の3つのパターンが考えられます。この3つのうち、どれをどのタイミングで選ぶかが大問題となるのです。

これらのうち、(C)を選ぶのは、なかなか難しいことのようです。なぜなら、自らの間違いを認めることになるからです。

ランチのメニューから住宅の購入まで、人は日々たくさんの判断をしています。しかし、それが「間違っていた」ことを認めるのは苦手です。失敗したかもしれないと思った瞬間から、自分の行動は正しかったという理由を無理やり考え、なんとか自分を納得させようとします。脳が記憶を作り替えてしまうことさえあるようです。

投資をする時も同じです。そのため、自分が保有している資産に対しては好意的なバイアスがかかりやすくなります。買った時より大幅に価格が下がっても、「これだけ下がったのだから、もう少しで上昇に転じるのではないか」などと考え、悪い情報が流れてきても、自分にとって好ましい情報や解釈ばかりを受け入れようとします。

そしていよいよ損失が大きくなり、売却を決心せざるを得なくなった時は、「もう二度と投資なんかやるものか」と、怒りを爆発させることになるのです。そうなると、資産にも精神にも大きなダメージになります。

このような感情のワナから抜け出すのは大変です。昔から、投資で一番難しいのが「損切り」だと言われています。しかし、上手に「損切り」できる人が投資で成功しているとも言われます。

損切りを上手に行なっている人には、その時の感情に左右されないように、どのくらいの損失になったら損切りするかを予め決めておくという人も多いようです。また、損失が許容範囲にある段階で、「自分がその資産を保有していなかったとしても、現時点で買いたいかどうか」と自分に問うことです。「やはり買いたい」と思うのか、他に有望な資産があるのか、別の立場から見るように努めます。

損切りを「失敗」と捉えるのではなく、状況に応じて選びとることができれば、より望ましい資産運用に近づくことができるでしょう。

(参考)
友野典男(2006)「行動経済学」、光文社新書
マッテオ・モッテルリーニ(2008)「経済は感情で動く」、紀伊國屋書店 他