投資信託の基礎知識

投資マインドを育てるコラム “感情のワナ”にはまらない、賢い投資家へのステップ

利益が出ている時の売りタイミング
  • コラムトップへ

前回、前々回では保有資産に損失が出ている時について考えましたが、今回は利益が上がっている時、特に売りタイミングについて考えてみましょう。

突然ですが、次の質問に答えてみてください。

質問1:誰かがあなたに10万円くれたとします。(A)と(B)どちらを選びますか?
(A)あと5万円儲ける。
(B)コインを投げて、表が出たら10万円儲かる。裏が出たら儲けはない。
質問2:誰かがあなたに20万円くれたとします。(A)と(B)どちらを選びますか?
(A)5万円損する。
(B)コインを投げて、表が出たら10万円損する。裏が出たら損失はない。

どちらの場合でも、(A)は手元に15万円が残り、(B)では半々の確率で10万円か20万円が手元に残ります。しかし、このような質問をすると、質問1では(A)を、質問2では(B)を選ぶ人が多くなります。これは行動経済学の実験としてよく行なわれており、人は利益に対しては確実性を取る一方、損失についてはリスクがある方を取るという傾向があることが分かっています。

これを投資に当てはめてみると、含み益がある資産は「確実に利益が得られるうちに」と売り急ぎ、含み損がある資産は「いつか損を取り戻せるかも」と売り遅れてしまいがちということが言えるのです。

利益確定売りをする時は、気分は悪くないので、「まだ売らなくてもよかったかな」と考えることがあっても、それほどの影響があるとは考えていない可能性があります。しかし、利益が十分に上がらないうちに利益確定をする一方、損失の確定を先送りしていれば、全体の運用成果は抑えられてしまいます。無意識のうちに、このような取引を行なってはいないでしょうか。

だからと言って、利益が上がっている資産を売らずに持っていれば必ず良い結果になるという訳ではありません。投資している人の発言には、「もっと価格が上がるだろうと思っているうちに下がってしまって、売り時を逃した」と嘆く言葉もよく聞かれます。

売り急ぐことも、売り遅れることもあるというのでは、どうすればよいのか分からなくなってしまいます。そこで、損切りの時と同様、事前の想定が重要になります。

例えば、「新興国は長期的に経済成長が期待できるから、いくつかの新興国に分散投資しよう」と考え、それに合う投資信託を購入したとします。長期的な経済成長を享受したいと考えて投資したのですから、短期的な値動きに惑わされては、得るべき利益を逃すことにもなります。一方、「この資産はリスクはあるけれど、それにしても売られ過ぎだから買っておこう。妥当な価格まで戻ったら売ろう」と考えて投資をしたのなら、利益が出た時に早めに売るという選択もあるでしょう。どのくらいの期間で、どのくらいの運用収益を期待して投資するという考えを持っておけば、投資行動がぶれにくくなります。

ただし実際には、ここまで明確に状況を分析し、行動できるとは限りません。投資環境は変わりますし、値動きを見ているうちに考えが揺らいでしまうこともあります。

その時は、含み益がある資産を全部売ってしまうのではなく、一部だけ売って様子を見る、という方法もあります。資産価格がさらに上昇した場合は、残した分で収益を高めることができますし、下落した場合は影響を抑えることができます。買う時も“時間分散”は大切ですが、売る時も“時間分散”を考えましょう。

(参考)
友野典男(2006)「行動経済学」、光文社新書
マッテオ・モッテルリーニ(2008)「経済は感情で動く」、紀伊國屋書店 他