野村アセットマネジメント

ライブラリー

スペシャルコンテンツ

2024年2月29日 対談 【日清食品ホールディングス】「EARTH FOOD CREATOR(食文化創造集団)」として、フードテックを軸にグローバルでブランド価値を高める

1958年に誕生した世界初の即席めん「チキンラーメン」を皮切りに、食の可能性を追求する日清食品グループ。非即席めんや海外事業にも力を注ぎ、株式時価総額で1兆円を超えるグローバル企業へと成長。ブランドを磨き、企業価値を高めるために人的資本をどのように最大化させようとしているのか。日清食品ホールディングスのCEOである安藤宏基氏と野村アセットマネジメントの小池広靖が、同社の未来像について語り合いました。

対談者の集合写真

2024年2月6日 対談 【DMG森精機】M&Aを通して進化を続ける工作機械のグローバルトップ企業

1948年に奈良県大和郡山市で繊維機械の製造・販売からスタートしたDMG森精機。2000年代以降はM&Aを通じて企業規模を拡大してきた。2009年にドイツのギルデマイスター(DMG)社(以下「AG社」)と協業を始め、2016年には支配権取得へ。今や工作機械業界で世界トップクラスの存在感を示すDMG森精機の持続的な成長や株式市場での評価をテーマに、同社の代表取締役社長兼グループCEOの森雅彦氏と野村アセットマネジメントの小池広靖が語り合いました。

対談者の集合写真

2023年12月25日 対談 【味の素】「志」(パーパス)の浸透と人財強化を推進し企業価値向上にコミットする風土を醸成

事業を通じて社会価値と経済価値を共創していくASV経営を磨き続ける味の素。2020年から好業績を続け、新たに「中期ASV経営 2030ロードマップ」を発表。過去には業績の変動性や計画未達が問題視された時期もあるが、経営改革を経た現在、目標達成力と、株式価値重視の経営が高い評価を得ている。改革は具体的に何を変えたのか、味の素株式会社の藤江太郎氏と野村アセットマネジメントの小池広靖が語り合いました。

対談者の集合写真