野村未来トレンド発見ファンド

愛称:先見の明

未来のトレンドを見据えて
成長テーマや投資配分を見直すファンド

Select Your Future

未来への期待を胸に、
お客様の選択肢の一つとして
「先見の明」を
ご提案いたします

野村未来トレンド発見ファンド
(愛称:先見の明)

旬のテーマを見つけるのは
プロにお任せください

「先見の明」を使った
積立シミュレーションのご紹介

「先見の明」の
優れた運用実績が
評価されました

R&Iファンド大賞2020 R&Iファンド大賞2019 モーニングスター「ファンド オブ ザ イヤー2019」受賞
R&Iファンド大賞2020 R&Iファンド大賞2019 モーニングスター「ファンド オブ ザ イヤー2019」受賞

ファンドの3つのポイント

01

未来のトレンドを見据え
世界の成長企業の株式に投資

先進国から新興国まで
世界各国の株式の中から
成長企業の株式に厳選投資します。
「新たな価値の創造」「新興国へのトレンドの広まり」
「社会構造の変化」を成長テーマを選ぶ上でのポイントとします。
銘柄選定においては、市場環境やマクロ経済動向も加味します。

02

中長期の成長が見込まれる
テーマを選び、投資銘柄を
厳選

03

成長テーマや投資配分を
機動的に見直し

魅力的な新しい成長テーマの発見に
継続的に取り組む一方で、期待した成長
ストーリーの変化にも柔軟に対応します。

※資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。

未来のトレンドを見据えて
成長テーマを選び、
投資銘柄を厳選

世界のトレンドや
構造変化に注目

成長テーマを選ぶ 3のポイント

01
新たな価値の
創造

私たちの生活や社会を変える革新的な技術・サービスの誕生や普及に注目します。関連産業の拡大など、中長期的に波及効果の大きいトレンドに期待しています。

02
新興国への
トレンドの
広まり

先進国から新興国へ普及が拡大する財・サービスに注目します。新興国の購買力向上がもたらす影響度の大きさに期待しています。

03
社会構造の
変化

人口動態や生活スタイルの変化に伴う新たなビジネスチャンスに注目します。ゆっくりと、しかし確実に起こるトレンドの息の長さに期待しています。

  • 新技術
  • AI/クラウドサービス
  • IoT/スマートモビリティ
  • フィンテック
  • インフラ/エネルギー
  • 人口ボーナス
  • 消費の多様化
  • アウトソーシング
  • 高齢化社会
  • 教育/働き方改革

成長テーマごとに関連銘柄を調査

2019年11月末現在の成長テーマ。成長テーマや銘柄選定プロセスは今後変更となる場合があります。
資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。

世の中のトレンドを発見

さらに付随するトレンドを調査

世界的な航空旅客数の増大

格安航空会社の参入や新興国の所得増加などを背景に、世界的に航空旅客数は増大の一途をたどっています。今後もこのトレンドは続くことが期待されます。

銘柄アイディア例

空港、旅行会社

世界の航空旅客数の
推移

期間:1998年〜2018年

(出所)一般財団法人日本航空機開発協会のデータより
    野村アセットマネジメント作成

航空機の需要も増大

航空旅客数の増大を背景に、航空機への需要も増大しており、主要航空機メーカーの納入機体数は年々増加しています。

銘柄アイディア例

航空機メーカー

運航機体数の増加と補修用部品等の需要増

世界における運航機体数は増加しています。また、受注残機体数も増加していることから、補修用を含む部品への需要が増すと考えられます。

銘柄アイディア例

航空機向け部品メーカー
航空機向けシステムサプライヤー

運航便数の増加とパイロット不足

世界的な航空機の運航便数の増大に伴い、航空機パイロットの需要が高まっています。退職を迎えるパイロットが一定数いることを踏まえ、今後パイロットが不足していくと予想されています。

銘柄アイディア例

パイロット訓練サービス提供会社

※上記は過去のデータであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。

これまでの成長テーマ別
投資配分推移

これまでの成長テーマ別投資配分推移 これまでの成長テーマ別投資配分推移

「先見の明」を使った
積立シミュレーション

月末までに5万円ずつ積立 月末までに5万円ずつ積立

請求目論見書・運用報告書につきましては、野村アセットマネジメント ホームページをご覧ください。

当ファンドの投資リスクと費用等

・当ファンドの投資リスクについては投資信託説明書(交付目論見書)記載の「投資リスク」をご覧ください。
・当ファンドに係る費用等については投資信託説明書(交付目論見書)記載の「ファンドの費用・税金」をご覧ください。

販売会社一覧

<お申込みに際してのご留意事項>
・ファンドは元金が保証されているものではありません。
・ファンドに生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。
・お申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

<当資料について>
・当資料は、ファンドのご紹介を目的として野村アセットマネジメントが作成したご参考資料です。
・当資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
・当資料中の記載内容、数値、図表等については、当資料作成時のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
・当資料中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。

Morningstar Award”Fund of the Year 2019”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスターが信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2019年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。国際株式型(特定地域)部門は、2019年12月末において当該部門に属するファンド719本の中から選考されました。

「R&Iファンド大賞」は、R&Iが信頼し得ると判断した過去のデータに基づく参考情報(ただし、その正確性および完全性につきR&Iが保証するものではありません)の提供を目的としており、特定商品の購入、売却、保有を推奨、又は将来のパフォーマンスを保証するものではありません。当大賞は、信用格付業ではなく、金融商品取引業等に関する内閣府令第299条第1項第28号に規定されるその他業務(信用格付業以外の業務であり、かつ、関連業務以外の業務)です。当該業務に関しては、信用格付行為に不当な影響を及ぼさないための措置が法令上要請されています。当大賞に関する著作権等の知的財産権その他一切の権利はR&Iに帰属しており、無断複製・転載等を禁じます。