数字で見るコラム #1若い経営者が率いる企業の魅力

経営者の平均年齢は約60歳

日本的雇用慣行として、年功序列というワードを思い浮かべる方も少なくはないでしょう。
日本の上場企業の経営者の平均年齢を見ると、2020年は59.2歳でした。一般的に定年年齢が65歳であることと比べると、経営者は比較的年長者が務めている様子がうかがえます。2013年から時系列で見てもここ数年間で大きな変化はなく、若返りは進んでいないようです。

日本企業の経営者の若返りは生じていない 日本の上場企業の経営者の平均年齢推移

期間:2013年~2020年、年次
代表者の年齢情報が取得可能な日本の上場企業を対象に、毎年6月末時点の代表者年齢の平均値を算出しています。
(出所)ゼブラルの情報より、野村アセットマネジメント作成
上記は過去のデータであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。

また、PwCの2018年の調査によると、日本の新任CEOの平均年齢は60歳と世界平均の53歳と比べて7歳高く、他の地域と比べて最も高い結果でした。世界と比較しても、日本企業のCEOの年齢は高い傾向にあるようです。

※PwC Strategy& 『2018年CEO承継調査』

経営者の年齢と企業業績の関係

次に、経営者の年齢と企業の業績との間にはどのような関係があるか見てみましょう。
日本の上場企業を、経営者の年齢を基に上場企業全体の平均と比べて、①平均年齢未満、②平均年齢以上の2グループに分けて調査をしました。
基準とした時点と比べて、3年後の売上高と営業利益がどの程度変化をしたかで比較をしてみると、いずれも①平均年齢未満グループの方が伸び率が高いことが分かりました。
経営者の年齢が平均より若い企業の方が、売上高や営業利益の伸び率が高いと言えます。

経営者が若い企業は売上高や営業利益の伸びが高い 3年後の売上高・営業利益の変化(年率)

期間:2013年6月~2021年6月
決算期が連続しており、かつ変更されていない企業のうち、代表者の年齢情報が取得可能な日本の上場企業を対象に、毎年6月末時点の代表者年齢で平均年齢未満と平均年齢以上の2グループに分け、グループごとに基準時点と3年後の売上高と営業利益についてその変化率を算出し、年率換算した値の平均値を算出しています。
※基準時点は2013年から2018年の毎年6月末
(出所)ゼブラル、NRIの情報より、野村アセットマネジメント作成
上記は過去のデータであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。

年齢が若い経営者は、一般的に退任までの時間が相対的に長いため、長期目線での経営を行ないやすいと考えられます。そのため、成長への投資や、新しいビジネス機会への挑戦構造改革などによる企業体質の改善を積極的に行ないやすいと考えられ、それが企業の業績の成長に繋がっているのかもしれません。

経営者年齢とリターンの関係

最後に、経営者の年齢とリターンとの関係を見てみましょう。
先ほど調査した①平均年齢未満、②平均年齢以上の2グループについての株式のリターンを計算してみました。売上高、営業利益と同様に①平均年齢未満グループの方が良好な結果となりました。相対的に高い業績の伸び率が、株価などにも反映されていると考えられます。

経営者が若い企業は株式のリターンも高い 年齢グループ別の株式リターン

期間:2013年6月~2021年6月
代表者の年齢情報が取得可能な日本の上場企業を対象に、毎年6月末時点の代表者年齢で平均年齢未満と平均年齢以上の2グループに分け、グループごとに翌年6月末までの「1年間の配当込み株式リターン」を算出し、各年のリターンの平均値を算出しています。
※権利確定日に配当金(課税前の値を使用)を受け取ったと仮定し、株価変動と配当金の額から単月のリターンを算出したものを12か月分加算したもの。
(出所)ゼブラル、MSCIの情報より、野村アセットマネジメント作成
上記は過去のデータであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。

若い経営者が率いる企業への期待

過去のデータでは、若い経営者が率いる企業の業績や株式のパフォーマンスが相対的に良好であることがわかりました。
「日本次世代経営者ファンド」では、若い経営トップに着目して、その中でも「長期目線の経営」「新しいビジネス機会への挑戦」「構造改革等による企業体質の改善」等、優良な特性を持つと考えられる銘柄に投資を行なうことで、こうした企業の成長によるリターンを獲得することを目指します。

このコラムはファンドのコンセプトをご理解いただくことを目的として、
野村アセットマネジメントが作成したご参考資料です。

HOMEへ戻る

基準価額/交付目論見書

請求目論見書などにつきましては、をご覧ください。

当ファンドの投資リスクと費用等

  • 当ファンドの投資リスクについては投資信託説明書(交付目論見書)記載の「投資リスク」をご覧ください。
  • 当ファンドに係る費用等については投資信託説明書(交付目論見書)記載の「ファンドの費用・税金」をご覧ください。
top

お申込みに際してのご留意事項

  • ファンドは、元金が保証されているものではありません。
  • ファンドに生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。
  • お申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする投資信託説明書(交付目諭見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。

当サイトについて

  • 当サイトは、ファンドのご紹介を目的として野村アセットマネジメントが作成したご参考情報です。
  • 当サイトは、信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。
  • 当サイト中の記載内容、数値、図表等については、当サイト作成時のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
  • 当サイト中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆あるいは保証するものではありません。