野村アセットマネジメント

野村アセットマネジメントの
ESG運用戦略

野村アセットマネジメントは、資産形成と環境・社会とバランスの取れた持続可能な社会の実現を目指します。
当社は、ESG(環境・社会・ガバナンス)を含む中長期的な持続可能性に向けた課題解決についても、
積極的に取り組むとともに、ESG投資(サステナブル戦略)を活用した資産形成の普及にも取り組んでいます。

下矢印

ESG投資の7つの手法
(サステナブル戦略)について

世界のESG投資額の統計を集計し、サステナブル投資を普及するための国際団体であるGSIA(Global Sustainable Investment Alliance)は、ESG投資を以下の7つに分類しています。
「ネガティブ・スクリーニング」「ポジティブ・スクリーニング」「規範に基づくスクリーニング」「ESG統合」「サステナブル・テーマ投資」「インパクト投資」の6つが投資ポートフォリオを作るためのESG投資の戦略、最後の「エンゲージメント・議決権」は、投資前後の投資(候補)先企業へのエンゲージメントや議決権行使を積極的に行う、いわゆる「スチュワードシップ推進型」の戦略です。
7つの投資手法は重複して用いられることも多く、特に「エンゲージメント・議決権」は他の投資手法と重複するケースが多くなっています。

「ネガティブ・スクリーニング」「ポジティブ・スクリーニング」「規範スクリーニング」「ESG統合」「サステナブル・テーマ投資」「インパクト投資」「エンゲージメント・議決権

GSIA(Global Sustainable Investment Alliance)基準

1. ネガティブ・スクリーニング
(Negative/exclusionary screening)
ESG手法の中では最も歴史の古い手法であり、世界で広く普及しています。武器、ギャンブル、たばこ、アルコール、原子力発電、ポルノなど、倫理的でないと定義される特定の事業から収益をあげる企業を投資先から除外する戦略です。
2. ポジティブ・スクリーニング
(Positive/best-in-class screening)
同種の業界の中でESG関連の評価が相対的に高い企業に投資する戦略です。ESG評価の高い企業は中長期的に業績が高くなるという発想に基づく手法です。
3. 規範に基づくスクリーニング
(Norms-based screening)
ESG分野での国際基準に照らし合わせ、その基準をクリアしていない企業を投資先リストから除外する手法です。人権問題や環境問題、汚職などの問題に関与した不祥事企業を除外することで国際社会のルールに則したポートフォリオを構築します。
4. ESG統合
(ESG integration)
最も広く普及しつつある手法で、投資先選定の過程で、従来考慮してきた財務情報だけでなく非財務情報も含めて分析をする戦略です。特に年金基金など長期投資性向の強い資金を運用するファンドなどが、将来の事業リスクや競争力などを図る上で積極的に非財務情報(ESG情報)を活用し、アルファ(市場平均よりも大きなリターン)を目指すために用いられることが多くあります。
5. サステナブル・テーマ投資
(Sustainability-themed investing)
サステナビリティ関連企業やプロジェクト(特に再生可能エネルギー、持続可能な農業等)に対する投資手法です。太陽光発電事業への投資ファンド、グリーンボンドなどもこのカテゴリーに属します。
6. インパクト投資
(Impact/community investing)
社会・環境に貢献する技術やサービスを提供する企業を投資対象とし、投資収益に加えて社会や環境にポジティブ・インパクトを与えることを目的とする投資手法です。
7. エンゲージメント・議決権
(Corporate engagement and shareholder action)
株主として企業に対してESGに関する案件に積極的に働きかける投資手法です。株主総会での議決権行使、日常的な経営者へのエンゲージメント、情報開示要求などを通じて投資先企業に対してESGへの配慮を促します。

ESGインテグレーション

実際の運用において、ESGの要素を運用プロセスに組み込んで投資判断に活用する、いわゆるインテグレーションの取組みは重要です。
野村アセットマネジメントでは、投資先企業に対して独自のESG評価を行い、投資判断に活用しています。
企業を評価する財務情報などのファンダメンタルズ分析を土台として、ESGを含めた非財務情報の評価を効果的に運用プロセスに組み込むために、株式運用と債券運用の双方で、当社独自のESG評価を行っています。
こうした手法を運用へ統合することは、ダウンサイドリスクの低減のみならずリターンの向上のために必要不可欠な手段となっています。

インテグレーションにおける特徴

株式運用
リスク項目だけではなく、将来の収益を創出するような機会にも注目し、投資先企業のESG評価を実施。株式運用におけるインテグレーションは、共通のESG評価をベースに戦略ごとに異なる手段で運用プロセスへ組み込んでいる。
債券運用
クレジット投資にとって重要なESG要素を様々なリサーチをベースに選別し、ESG評価とモデル化を実施。債券運用におけるインテグレーションは、モデルをベースとしたインテグレーションだけでなく、クレジット・アナリストによる定性評価を加え、ポートフォリオのリスク調整後リターンの改善と持続性を考慮する形で運用プロセスに組み込んでいる。

エンゲージメントとは

当社のエンゲージメントの定義は、「会社に対する深い理解を基礎にしつつ、企業が望ましい経営を行い、企業価値向上と持続的成長を実現できるよう働きかけること」です。ESG課題を抱える企業に対して改善を求めることだけがエンゲージメントではありません。望ましい経営を進めている企業に対して、投資家として支持や賛同を直接伝えることもエンゲージメントの重要な役割であると考えます。当社は「エンゲージメントの基本スタンス」を大切にしています。日々のエンゲージメント活動を通じて、企業の価値向上と持続的な成長をサポートすることは、お客様からお預かりした資産の中長期的な成長に貢献すると当社は確信しています。

エンゲージメントの基本スタンス

1
友好的かつ建設的な姿勢で対話に努めること
2
ESG課題への対応状況、更にその背景にある戦略や哲学などを含めて、非財務情報の理解に努めること
3
資本の効率的利用に関する投資先企業の考え方を聞くとともに、当社の考え方を伝えること
4
重大な不祥事・事故が生じた際には、原因や再発防止策を聞き、健全な経営を促すこと

エンゲージメント・プロセス

当社の「運用における責任投資の基本方針」に則り、エンゲージメントのテーマを事業戦略、財務戦略、
環境・社会問題への取り組み、コーポレートガバナンス、開示・対話の5つに分けています。

(1)事業戦略、(2)財務戦略、(3)環境・社会問題への取り組み、(4)コーポレートガバナンス、(5)開示・対話

PRI評価「A+」
(2020年)

PRI(国連責任投資原則)の年次評価において、すべての分野で最高評価のA+を獲得しています。

PRIアセスメント結果

FY2019-2020 戦略とガバナンスA+ 上場株式における責任投資の統合状況A+ アクティブオーナーシップA+ エンゲージメントA+ 議決権行使A+ 債券:SSA A+ 債券:事業債A+ 債券:金融債A+

野村アセットマネジメントの主なESGファンドはこちらをクリック