お知らせ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴う議決権行使の対応方針について

2020年5月26日

野村アセットマネジメント株式会社

野村アセットマネジメント株式会社(以下「当社」)では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に拡大している現状を踏まえ、2020年6月以降に開催される投資先企業の株主総会における議決権行使について、当面の間、以下の方針にて対応いたします。

  1. 現状認識
    • COVID-19の拡大の影響により、多くの投資先企業において業績が急速に悪化し、手元資金の確保が喫緊の課題の一つになっています。
    • 一部の投資先企業においては、経理・監査業務の遅延等の諸事情により、当初の日程での株主総会の開催を断念、日程の延期や継続会の開催等での対応を余儀なくされています。
  2. 現状を踏まえた議決権行使の対応方針
    • かかる状況下では、投資先企業における事業の維持・継続が最優先されるべき事項であると判断します。
    • また現状を踏まえ、異なる対応を余儀なくされた投資先企業に対して不利益が生じないよう、状況の把握に十分配慮しつつ、最善の議案判断に努めてまいります。
    • 従いまして、当社の「日本企業に対する議決権行使基準」(*)で定める、以下の基準については当面の間、その適用を見送る方針といたします。

      ⁃ 1.取締役選任(2)における業績に関する基準
      ⁃ 1.取締役選任(4)における剰余金処分に関する基準
      ⁃ 6.剰余金処分(1)における株主還元に関する基準

    • 一方、かかる状況においても、投資先企業にて開示される事業報告書の「株式に関する事項」や「社外役員に関する事項」に係る以下の基準について、決議する株主総会の7営業日前までに必要な情報の開示がない場合には、基準に抵触したものと判断いたします。

      ⁃ 1.取締役選任(9)における出席率に関する基準
      ⁃ 2.監査役選任(3)における出席率に関する基準
      ⁃ 4.役員報酬(3)における希薄化に関する基準

    • 上述以外の総会議案につきましては、議決権行使に必要な情報の開示を前提に、当該基準に従った議決権行使の方針といたします。

(*)「日本企業に対する議決権行使基準」:
http://www.nomura-am.co.jp/corporate/service/responsibility_investment/pdf/vote_policy.pdf

当社は引き続き、投資先企業の企業価値向上に資する取り組みを推進してまいります。

以上

本件についてのお問い合わせ先
責任投資調査部(今村・深澤)
03-4376-5959