• HOME
  • 「年代別」商品選びのヒント
  • 50代

年代別・iDeCo商品の選び方 資産を守りつつ税制メリットを活かす

どの運用商品で「老後に向けた資産づくり」を行なうか一緒に考えてみませんか?

iDeCoは65歳まで投資が可能に!
税制メリットを活かしましょう

「もう50代だし、今さらiDeCoなんて・・・」と考えられる方も多いかもしれません。しかし意外にも50代でiDeCoに加入される方も一定数いらっしゃいます。運用期間が短くても税制メリットを見逃すのはもったいないです。

2022年5月以降はiDeCo加入年齢が5年延び、65歳まで掛金の積み立てができます。また受給開始の上限も5歳延びるため、最長75歳まで運用することも可能。まだまだ税制メリットを享受するチャンスがあります。

「バランス型ファンド」で守りを意識するのがセオリー

では運用商品はどのように選ぶのが良いでしょうか。50代になると運用する資産が大きくなってきており、運用期間もだんだん短くなってきます。この時期は守りを意識した運用をしていきたいところです。

例えば、バランス型ファンドであれば、株式比率が30%程度のものがリスクが低めの運用商品として用意されています。このあたりを基準に考えていくとよさそうです。

国内株式 外国株式 外国債券 国内債券

「リスクコントロール型ファンド」で安全性を重視

安全性を確保したいというニーズにこたえたリスクコントロール型のファンドもあります。複数の資産に分散投資を行ない、市場が大きく下落した場合でも、投資配分を調整することで、下落幅の抑制を目指す運用を行なう商品もあります。

RISK

iDeCoで選べる商品の
ご紹介

※各月末時点において、基準価額が委託会社の定める下値基準値を下回る場合、一定期間、マザーファンドを通じて投資する各資産への実質的なエクスポージャーを引き下げ(各資産への実質的なエクスポージャーをゼロに近づけることを基本とします)、短期有価証券等へ投資する運用のことをさします。